未分類

ファムズベビーは保湿と保護バリアが目的

ファムズベビーをデリケートなお肌に

娘が1歳になった頃から、ファムズベビーを愛用しています。

生後半年ぐらいまでは目立った肌荒れはなく、たまに軽い乳児湿疹が出るくらいで、その都度小児科で貰った薬をつけて対応していました。

ところが、1歳になった頃からお腹や腰の部分にガサガサが目立つようになりました。様々なスキンケア商品や小児科で処方された薬を塗って対応していましたが、寝る前や夜中に搔きむしることが多くなり、眠っていてもたびたび起きて血が出るまで掻くようになりました。

もともと娘の父親が長年アトピー性皮膚炎に悩まされていたため、遺伝的体質の可能性を考え、父親のかかりつけの皮膚科を受診。結果的にアトピー性皮膚炎との診断は下りませんでしたが、寝る前など体温が上がるとかゆみが出やすい体質とのことで、ファムズベビーを使用開始しました。

ファムズベビーは肌なじみがとても良く、塗ると肌にスッと入っていきます。お風呂上がりに塗っていますが、伸びが良いので時間もかかりません。

また、ファムズベビーを塗った上からファムズベビーを塗ると、さらに肌がしっとりします。ファムズベビーは硬めのテクスチャーで、わりとベタベタしているのですが、皮膚から水分が蒸発するのを防いでくれます。

お風呂上がりで肌が多少濡れているときに塗れば、ファムズベビー単体でも乾燥はかなり防げると感じています。

ファムズベビーを使い始めてもうすぐ1年が経ちますが、娘の乾燥肌はすっかり良くなり、夜中に搔きむしることもなくなりました。

赤ちゃんの肌は大人が思う以上にデリケートなので、本人に合ったスキンケアアイテムに巡り合うことの大切さを強く感じています。

未分類

口コミで購入、ファムズベビーでアトピー予防

アトピー改善の口コミでファムズベビーを使用

私の子供がお世話になったスキンケア商品は、ファムズベビーという商品です。
息子は生後2ヶ月頃から乾燥肌が気になりだしました。
上の娘の時に使用していた、一般的な、ドラッグストアでも購入できる赤ちゃん用のスキンケア商品を使用していたのですが、息子の乾燥肌はひどく、だんだん状態も悪化し、生後5ヵ月頃には、
「これはもしかしたらアトピーかもしれない」
と感じるような状態になっていました。

皮膚科にも行きましたが、アトピーかどうかの判断はまだ出来ない、ともかく保湿を入念にと言われただけでした。
病院で頂いた保湿用のクリームも1日に何度も塗らなくてはならないため、すぐに無くなってしまいます。
大人用の無添加のスキンケア商品を使ってみたり、色々試してみたのですが、症状改善は塗った直後だけ・・・。

そんな頃、なんとなくいつも利用している楽天市場を見ていると、おススメ商品という事で、ファムズベビーの広告があり、見てみました。

すると口コミで、私の息子と同じようなアトピーを疑われるような肌だった子が、改善したというのを見て、税込み約2500円は子供用にしては高いかなと思ったのですが、購入してみる事にしました。

オーガニックではありませんが安心という事もあり、購入したのですが、さすがオーガニックという感じの臭いがしました。私はハーブ系の臭いが好きなので、心地よかったですが、苦手な方は気になるかもしれません。

見た目はローションというよりは泡に近いのですが、よく伸びます。
効果は息子の場合絶大でした。
1本使い切る前にだいぶ改善され、まず搔きむしる事がなくなり、2本目を使い切る前にはアトピーっぽかった肌もきれいになりました。

症状が改善されてくると使用量も少なくて済むようになり、1本買えば結構長持ちしますし、私も関節などに使用していますが、結構膝はつるつるになりました。

未分類

アトピーになる前にファムズベビー

私のファムズベビーとアトピーの関係

ファムズベビーを使い始めたキッカケは子供のアトピーのような症状です。
旦那がアトピー性皮膚炎が大人になってもひどいため、子供への遺伝は覚悟していました。妊娠中にトラブルがあったため、総合病院へと転院しました。そのため、出産して入院中に赤ちゃんを小児科で受診することができました。

先生には旦那がアトピーであることを伝えると、アレルギー検査を行ってくれ、定期的な検診をしてもらえることになりました。やはり肌が弱いのか乳児湿疹もひどく、3か月頃までは顔の肌荒れや手足の乾燥がひどかったのです。しかし、総合病院の小児科に通っているため、先生の指導のもと、アトピーを発症しないようにケアを欠かさず行いました。

血液検査では、やはり卵アレルギーやハウスダストアレルギーなどがあり、アトピーになりやすい体質でしたが、アトピーは発症しなければ大丈夫という先生の言葉を信じて、スキンケアを行いました。

小児科から処方された商品と合わせて市販でも売ってある「ファムズベビー」を使用しています。赤ちゃんが一歳になる頃には、肌も落ちついたため、定期検診は終了し、市販のファムズベビーで保湿することを続けています。

少しでも乾燥するとすぐに掻きむしり、半日で傷だらけになっていることもあります。そのため、ファムズベビーは薄く塗るのではなく、べっとり塗るのが効果的です。掻きむしっていてもファムズベビーは染みることはありませんし、ケガをした時の保湿にも使用できるので、常備しています。ファムズベビーの保護・保湿のおかげで、掻きむしった後が残ることもなく、5歳になりますが、綺麗な肌を保っています。

未分類

最終的にステロイドという選択もやむなしかも

赤ちゃんのお肌は皮膚が薄くてとてもデリケートになっています。

冬などは、乾燥しやすいですから、お顔やお鼻の分部に乾燥が見られますと、直ぐにオリーブオイルを付けて保湿していました。DHCのヴァージンオイルや、他のメーカーの結構値の張るオリーブオイルでしたが、赤ちゃんのお顔は最も薄い敏感な肌に想えますから、良い製品を選んであげたくなるものです。

保湿するだけで、ひどい肌あれや、乾燥から簡単に肌を守れますから、乾燥しているな、と肌の状態に気付いた時に、さっと塗ってあげるだけでひどくなることはありませんでした。

逆に、夏場のあせもは大変でした。

一日に何度も汗を優しくお湯で流し、ベビーパウダーを付けて、エアコンも使いますが、残念なことに、首の周りがあせもでただれて、ひどい状況になってしまいました。二歳ころまで夏にはこのように可哀想な状況になり、お医者さんも転々としました。小児科も何件も尋ね、どの薬やローションでもあせもは治りませんでした。

最後に行きました皮膚科のステロイド剤でやっと治るようになり、もっと早くステロイドに辿り着けばよかった、と今でも感慨にふけります。しかし、二歳を超えますと、ひどかったあせもも、皮膚が強くなったからか、ひどくなることはなく、幼稚園に行く頃にはあせもは出来ないようになったのです。赤ちゃんのお肌ケアは本当に大変ですが、二歳をすぎますと、皮膚もちょっと強くなるようですから、だんだんと丈夫になるでしょう。